勝てるFX投資術

FXはレバレッジが運命の分かれ道

FXの重要ルールであるレバレッジ。
レバレッジは日本語で「テコ」という意味になります。
小さな力で大きなモノを動かすテコの原理を基に「小さい金額で大きな投資」をすることができるシステムです。

例えば、レバレッジを25倍とすれば、10万円の投資額で250万円の取引をすることが可能です。
小額で大きな投資ができることはFXの大きな特徴であり、メリットでもあります。

ただ、レバレッジは高ければリスクが大きくなるのは当たり前のお話。
レバレッジが高ければ良いということではありません。
ハイリターンでもありますが、ハイリスクにもなるという意味です。

じゃあメリットとデメリットが同居するレバレッジをどう使えば良いのか。

重要なのは「上げ相場・下げ相場」の方向性がはっきりしている時のみレバレッジを活用しましょう。

ある程度FXに慣れてくれば相場の方向性が見えるようになってきます。
曖昧な相場で判断はできないときはレバレッジを1〜2倍に抑えてみましょう。
取引に合わせてレバレッジを変えていきます。

とりあえず、初心者の方であればレバレッジは1倍で始めてみてください。
もし慣れたとしても5倍までが程よいのではないでしょうか。
いくら慣れている人でも10倍までになると大勝負になってきます。

欲張らずに1〜5倍で楽しむことをおすすめします。